スクリプト系プログラミング言語ファンのじたばた

2019/04/14

[新着情報]

pandocとpythonの組み合わせによるWord文書の作成 を追加しました(2019/04/14)。

 pandocで生成したdocxファイルを python-docx で加工処理します。

 前に掲載した makeDOCX とほぼ同じ加工処理をしますが、
Wordを起動することはありません。

 Windows以外の環境でも使えるとおもいます。


1. プロフィール&当サイトをつくった目的

 氏名: 吉泉 豊晴 (ヨシイズミ トヨハル)

 1958年生まれ、男、公務員、視覚障害(点字・白杖使用)、東京都豊島区在住。

 2018年3月に定年退職。その後も再任用(再雇用)で公務員として週4日勤務。

 このサイトでは、視覚障碍者の私が文書処理やデータ処理について
工夫してきたノウハウを記しています。

 画面読み上げソフトによってパソコンの画面を音声出力で確認しますが、
結果、どうしてもGUI方式の操作になじめません。

 晴眼者の人と類似の操作方法を採ることができないわけではありませんが、
かなり時間がかかってしまいます。

 そこで、簡単なプログラミングの手法を使って
自動化できるところは自動化して処理します。

 これは、視覚障碍者専用のやり方ということではなく
技術職の人などが多用している方法だろうとおもいます。

 VBA, VBScript, ruby, python, 統計解析ソフトRなどの利用が中心です。


2. WindowsのOffice関連

  1. markdown記法によるWord文書などの作成
    markdownで書かれたテキストファイルをpandocによりWordファイルに変換し、さらにWordの自動操作で細かい点を調整。html, PowerPointへの変換もあり。
  2. VOV(VBA, OLE, VBScript)による自動操作
    Excel, WordをVBA, VBScriptで自動操作。
    なお、ピボットテーブルの扱い方についてはExcelVBAとピボットテーブル:第1回 はじめに&基本的な例を参照。
  3. MS-Wordの自動操縦 wrdap.rb
    Wordを自動操縦するためのruby用ライブラリ。pandocとの組み合わせを意識して作成。
  4. rubyによるExcel操縦用ライブラリexlap.rb
    rubyのwin32oleを活用してExcelを制御するためのライブラリ。
    なお、Excel用xmlスプレッドシート(xmlss)生成のためのrubyライブラリexlap_cもあります。Excel不要。
  5. rubyによるADO,ADOXを用いたAccess,Excelファイルの処理
    SQLでデータベース操作。rubyクラスライブラリ yado.rb & データベースクライアントソフト yadosql.exe。

3. 統計などのデータ処理

  1. もう一つのデータ処理パッケージ(rptパッケージ)2018版について
    ruby, python, R, pandoc, LaTeXを簡単に使い始められるように取りまとめたもの。Windows環境で使用。
  2. python関連記事
    pythonで主に統計処理するためのノウハウ。Rとの組み合わせも。また、pandocと組み合わせてWord文書を生成するスクリプトもあり。
  3. ruby経由で統計解析ソフトRを使うためのライブラリ rrx

4. その他

  1. 数学散歩の小道
    数学関連の話題で、自分なりに咀嚼できたと思った事柄についてのメモ書き。自然対数、三角関数など。
  2. プログラミング雑記帳
    プログラミングに関するちょっとした覚え書き。
  3. ないーぶネットのデータの名前を変更するプログラム
    ないーぶネット(現在は「サピエ」と改称)の図書データの記号的名前を図書本来の名前に変更。
  4. 点字データファイルをカナのテキストファイルに変換
  5. じたばた日記

連絡用フォーム

 skypeで連絡を下さる場合は
t-yoshiizumi または toyoharu yoshiizumi で検索してみて下さい。

 ご要望があれば、出向いて情報交換させていただきます(火・土・日)。

 その場合、ガイドヘルパーさんと2人でうかがうことになるとおもいます。

連絡用フォーム
お名前
メールアドレス
再入力
内容の種別 ご指摘
ご質問
ご意見・ご要望
その他
送信する内容

 
個人情報の取扱いについて
  1. ご記入いただいた個人情報は、送信していただいたメールへの対応および確認のためのみに利用します。
  2. いただいた送信内容を第三者に伝えることはありません。

~ 以上 ~